広告

2013年11月1日金曜日

東方旧作体験版をやる方法

旧作 東方怪綺談プレイ動画
 
東方旧作とは、1996年から1998年の間、東京電機大学生で結成された同人サークル(大学サークル)Amusement Makersから「ZUN Soft」というブランドでPC-9800シリーズ用のゲームとして5作品が発表された(Wiki引用)。

PC9800シリーズ専用なので、現在のパソコンであるPC/AT互換機では動かすことはできません。
じゃあどうするかって?エミュでしょ!
というわけで動かし方を説明します。

必要なもの
東方旧作体験版(今回は怪綺談)
PC98エミュ(今回は前回紹介したNP21を使用)
ツァイ メタ女のゲームイメー
FreeCOM(FreeDOS)
DiskExplorer

zai.hdiを開きHDDイメージの中身をFreeDOSだけにします。
FreeDOSのシステムファイルは
CONFIG.SYS FDXMS.SYS EMM386.EXE KERNEL.SYSですのでそれ以外は削除してください。

次にCONFIG.SYSを編集します。
DiskExplorerからCONFIG.SYSをD&Dして引っ張り出し、適当なテキストエディタで開きます。
次のように書き換えます。

files=20
buffers=10
device=fdxms.sys
dos=high

書き換えたら保存し、DiskExplorer上にD&Dして上書きします。

FreeDOS/Vページから
FreeCOM 0.83PL3J R2をDLして、解凍すると中に98というフォルダがあります。
その中のCOMMAND.COMをイメージの中に放り込みます。

次に、旧作のデータをイメージに放り込みます。
今回は怪綺談体験版を用います。
TH_5というフォルダを作って、そこに体験版のkai_ts1.exeを置きました。
このフォルダをD&Dしてイメージの中に入れたら、DiskExplorerを終了してください

エミュの説明は割愛しますので、NP21の記事を参照してください

エミュの設定が完了し、FreeDOSが起動しましたらEnterを2回叩いて、
cd TH_5と入力し次にkai_ts1と入力して実行すると、解凍するかを確認する
テキストが表示されるのでYを押します。
あとはgameとコマンドを入力すれば怪奇談をプレイできるようになります。
次回からはcd TH_5→gameでプレイできます。


0 件のコメント:

コメントを投稿