広告

2014年10月10日金曜日

「Re:MIKUS」の収録時間 80分45秒の謎

皆さんは「Re:MIKUS」というボカロのアルバムを知っていますか?。
このアルバムの曲の収録時間が規格外なのです。
本来は「80分」以内で収録時間を収めなくてはならないのが、
このアルバムでは「80分45秒」なのです。
今回はなぜこんなことができるのかを説明していきたいと思います。

「80分45秒」収録できた秘密の正体はオーバーバーンです。
オーバーバーンとは、CDのリードアウトという本来データを書き込まない場所にも
データを書き込む方法です。
この方法を使うことで、1分ほど収録時間を伸ばすことができます。
これにより最大収録時間が「81分」になるため、合計「80分45秒」の音楽データ
を書き込むことが可能になります。
しかし、この方法には問題があります。
レッドブック規格外の方法なので、一部のCDプレイヤーでは正常に再生できない
可能性があります。
なので「あと一分あれば全曲入るのに…」という場合以外では使ってはいけません。

「Re:MIKUS」の収録時間の秘密がおわかりいただけたでしょうか?。
CD-R/RWがあればオーバーバーン書き込みを試すことができるので、気になった方は
試してはいかがでしょうか、

0 件のコメント:

コメントを投稿