広告

2014年11月20日木曜日

CCleanerでWindowsの不要なデータを消去する方法

Windowsに不要なデータが溜まりすぎていると動作が遅くなってしまいます。
この記事では「CCleaner」を使って、不要なデータを消去する方法を解説します。

1 「CCleaner」をサウンロードしていきます。

2 インストーラを実行し、この画面が出てきたらLanguageを「日本語」にして
「Next」を押します。

3 インストールを進めていくと、インストールオプションが表示されます。
不必要なものはチェックを外しておきましょう。

4 インストールが終了したら、 「CCleaner」を実行します。

5 必要な物だけチェックを入れていきます。
Chromeを使用している方は、アプリケーションタブのデータベースの最適化を
チェック入れておいたほうが良いでしょう。

6 「解析」を押して、解析を始めます。
解析がし終わったら、「クリーンアップ開始」を押しましょう。

7 レジストリの保守のチェックはすべて入れておきます。

8 「問題点をスキャン」を押し、スキャンを始めます。
スキャンがし終わったら、「問題点を解決」を押します。

9 ダイアログが表示されるので、レジストリをバックアップする場合以外は「いいえ」を
押してください。

10  「選択肢したすべてを解決」を押してから「閉じる」を押します。

これでWindowsの不要なデータは消去されました。
おつかれさまでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿