広告

2015年2月15日日曜日

初代WiMAXへの周波数帯が削られ速度低下

初代WiMAXへの周波数帯が削られ速度低下した模様。

UQコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 野坂章雄、以下UQ)は、
本日2月12日(木)より、栃木県真岡(もおか)市においてWiMAX 2+周波数帯の
拡張を開始いたしました。
WiMAX 2+周波数帯を現行の20MHzから40MHzに拡張することで、より多くの
お客様が快適にインターネットをお楽しみいただくことが出来ます。
WiMAX 2+周波数帯の拡張は、今後、全国で順次展開してまいります。

WiMAX2+を高速化するために、初代WiMAXの帯域が半分にまで削られるそうです。
下り220Mbpsまで高速かされるのはいいのですが、初代WiMAXの頃には
なかった直近3日速度制限(ギガ放題なしでは7GB制限)ができてしまい微妙な回線に
なってしましました。
UQにはUQの事情ってもんがある。ということか。

0 件のコメント:

コメントを投稿