広告

2015年9月25日金曜日

アメリカでは「Windows 10 はWindowsMeの再来」との声が高まる

Windows 10は常用するのが難しいのか?。

間もなくリリースから2か月となるWindows 10だが、不安定さに対する不満も出ているようだ。BetaNewsでは
Windows Me以来の不安定なリリースだと評している(BetaNewsの記事、 ZDNetの記事、 Thurrottの記事)。

特に多いのがユニバーサルアプリに関するもので、一発で起動しない、使用中に画面から
突然消えるといった問題が指摘されている。
アプリが消えるのはクラッシュしたためとみられるが、エラーメッセージが表示されないので
何が起こったのかわかりにくいようだ。
EdgeやMailなど複数のアプリでは、突然スクロールができなくなるといった問題も発生しているという。
こういった問題の中にはアップデートでいったん改善され、次のアップデートで復活することもある。

また、スリープからの復帰時に応答しなくなる問題や、一部の統合チップセットなどで
ビデオドライバーが用意されておらず、Windows 8用のドライバーでは動作が不安定に
なるといった問題もあるとのこと。

このほか、スタートメニューでタイルが512個を超えると不安定になるという問題も報告されており、
18日に提供が始まったInsider Previewビルド10547では最大2,048個までタイルが追加できるように変更されている。
Windows DVDプレイヤーにも複数の問題が見つかっており、Microsoftが回避方法を紹介している。

個人的にはリリースから2週間ほどメイン環境として使ってみたが、タッチパッドで操作する際に
マウスポインターが時々動かなくなる(指を離して再度操作すると問題なく動く)という問題が
あったので、とりあえずメインで使用するのはやめている。皆さんの評価はいかがだろうか。
http://it.srad.jp/story/15/09/22/0535206/

PCKのWindows10環境で発生した不具合

「7の頃は動いていた古いソフトウェアが正常に動作しない(一部は特殊な方法で動作)」
「関連ファイルの設定がおかしくなりエラーを吐く」
「DirectXを利用したソフトウェアが起動しない(ドライバー更新で解決)」
「デスクトップアプリがすべて消える」

PCに詳しい人以外は10へのアップグレードをやめてほうがいいのかも。

0 件のコメント:

コメントを投稿