広告

2016年2月12日金曜日

【危険】 iPhoneの日時を「1970年1月1日13時」に設定すると文鎮化する不具合が発覚

iPhoneの日時を「1970年1月1日13時」に設定して再起動すると、一切の操作ができなくなる
不具合が発覚しました。

実際に不具合を発生させた動画


 動画では最初に「日付と時刻」の自動設定をオフにし、手動で時刻の設定を変更しています。一度の設定では14年分程度しかさかのぼれないようで、2002年に設定→1988年に設定→1970年1月1日13時に設定、という手順を踏んでいます。

 日時を設定し端末を再起動すると、起動時のアップルマークから一切動かなくなってしまいました。この状態になるとDFUモード(不具合から復元するための機能)でも復帰できなくなり、完全に手詰まりとなるとのこと。

 唯一の解決方法はアップルストアに持ち込むことですが、保証期間外だとそれすらできません。動画の投稿者は、「絶対にまねしないように」と呼びかけています。

 また、「iPhoneの日時設定を1970年1月1日13時に設定して再起動すると動作が軽くなる」といったデマがTwitterなどで出回っているようです。ご注意ください。
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1602/12/news123.html

DFUモードを使って強制的に出荷時に戻すことが不可能!。
間違っても日時設定を「1970年1月1日13時」に変更して再起動しないように!

0 件のコメント:

コメントを投稿