広告

2016年5月30日月曜日

図書カードが進化! QR/PINコードで残高・履歴を確認可能に!

日本図書普及は6月より新しい図書カードである「図書カードNEXT」を発行。

 全国共通図書券として発行されてから55年が経ち、現在は磁気カード(プリペイド式)の
図書カードが発行されている。新たに凸版印刷や富士通エフ・アイ・ピーが提供する
「サーバ管理型プリペイドASPサービス」を活用して、カード残高をサーバーで管理する
システムに移行する。

 書店のリーダーで背面mpQRコードを読み取ってリアルタイムに残高の減算を行なえる。
QRコードには複製防止用特殊加工が施されて専用リーダーでないと読み取れないが、ユーザー自身もカードのID番号やPINコードをウェブサイトに入力することによって、残高や利用履歴の
確認をすることができます。
6月1日より全国の加盟書店で発行、利用が可能(一部用意できない書店もある)に
なり有効期限は10年。

 ピーターラビットシリーズ、東山魁夷シリーズ、富士山シリーズが用意され、
価格は500円~10000円。これまで通りオリジナルカードの製作なども可能。
http://ascii.jp/elem/000/001/169/1169911/

図書カードNEXTは どんな本を買い、どれだけ残高を使ったかがわかって便利だが、
うっかり図書カードを置きっぱなしにしてしまうと、他人に買った本がバレてしまうという欠点が…。
買った本を知られたくない人は、図書カードの置き場所に要注意!。

0 件のコメント:

コメントを投稿