広告

2016年5月25日水曜日

Windows10 更新ポップアップを閉じてもアップグレードされる

Windows10への更新を推奨するポップアップを閉じても、アップグレードがキャンセルされない
仕様に変更される。


Windows10へのアップグレードを利用者に促すポップアップボックスの仕様について、
マイクロソフトを批判する声が上がっている。
Windows10への更新を推奨するポップアップ右上の赤い「x」をクリックすると、ポップアップが
閉じるのではなく、更新手続きが始まるからだ。

今までは赤い「x」をクリックするとポップアップは閉じて、更新をキャンセルする仕様だった。
それだけに、Windows利用者の間に混乱が広まっている。

マイクロソフトによると、アップグレード開始時間を知らせるポップアップが開くので、そこで
アップデートをキャンセルできる。

ポップアップボックスの仕様が変わったのは、このアップグレードが「推奨」に分類されており、
今では多くの利用者がセキュリティー対策として「推奨」更新を受け入れるようパソコンを設定
しているからだだ。つまり、ポップアップを不要扱いしても更新を不要扱いしたことにはならない。

マイクロソフトは、「Windows10への無料アップグレード特典が7月29日に期限切れとなるので、
Windowsの最良バージョンへのアップグレードを手助けしたい」と説明している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160525-36376047-bbc-int

「何もしていないのにWindows10になっていた」と言うPC初心者が続出しそう。
Windows10を無理やり押し付けるマイクロソフトのせいで。

0 件のコメント:

コメントを投稿