広告

2016年7月13日水曜日

CyanogenMod 13でrootを有効にする方法

CM13(CyanogenMod 13)のroot権限は標準では無効化されています。
このままではroot権限が必要なアプリを動作しないので、手動でroot権限を有効にする
必要があります。

今回はCM13でroot権限を有効化する方法を説明していきます。

1 設定アプリの内の「端末情報」をタップ。

2 「ビルド番号」を「開発者向けオプションが有効になりました」と表示されるまで連打。

3 開発者オプションが追加されているのでそれをタップ。

4 ルートアクセスをタップ。

5 「アプリとADB」をタップ。

6 「ルートアクセスを許可しますか?」と尋ねられます。
「OK」をタップしてルートアクセスを許可してください。

これでroot権限が有効になりました。

余談

CM13の標準機能でroot権限を有効化した場合、一部のアプリでは警告が表示されます。

警告を無視しても動作には影響はありません。しかし一部の環境では正常に動作しないこと
があるようです。
その場合は「SuperSU」をGooglePlayからインストールすることで解決します。

0 件のコメント:

コメントを投稿