広告

2016年12月29日木曜日

【Soundhax】 ニンテンドー3DSサウンドからHomebrew launcherを起動させる方法

3DS本体に標準で内蔵されているソフト「ニンテンドー3DSサウンド」を利用したハック
『Soundhax』を利用して3DSでHomebrew launcher(非公式ソフトを起動させるためのランチャー)
を起動させる方法について説明していきます。
SoundhaxでHomebrew launcherを起動

必要なもの


PCまたはAndroid端末(拡張子表示が必要)
New 3DS/New3DS/3DS/3DS LL本体(ファームウェア9.0.0-20Jから11.2.0-35Jまで対応)
SDカードまたはmicroSDカード(4GB以上推奨)

Soundhax導入作業


Homebrew Launcher公式サイト内の homebrew starter kit; のリンクからstarter.zipを
ダウンロードし解凍。
starter.zipのダウンロード
2 3DS本体の種類(New3DS/LLはNEW。それ以外はOLD。)と本体バージョンを入力したら
「Download otherapp」を押し「POST5….bin」をダウンロード(…は本体の種類や本体バージョンで
変化します)。
OLD NEWの選び方の説明画像。

otherapp.binのダウンロード

4 ダウンロードした「POST5….bin」を『otherapp.bin』にリネーム。
ダウンロードしたPOST5….binをotherapp.binにリネーム



5 SoundHax公式サイト内のChoose a regionをJPN、Choose a versionをNew3DS/LLはNEW、
それ以外はOLDを押してからDownloadを押し「soundhax-jpn-x3ds.hax.m4a(xの部分はnまたはo)」
をダウンロード。
Soundhax公式サイトからハック用データをダウンロードするための説明図

6  starter フォルダーの内の3ds フォルダー、boot.3dsxとotherapp.bin、soundhax-jpn-○3ds.hax.m4a(○に入る文字はNEWを選んだ場合はn、OLDを選んだ場合はo)をSDカードの
ルート(SDカードを開いた時に最初に表示される場所)にコピー。
Soundhaxに必要なファイルをSDカードにコピー

ニンテンドー3DSサウンドからHomebrew launcherを起動させる方法


1 ニンテンドー3DSサウンドを起動します。
【Soundhax】 homebrew launcher 起動方法 その1

2 /SDカードで決定。
【Soundhax】 homebrew launcher 起動方法 その2

3 < 3 Nedwill 2016を決定して再生します。
【Soundhax】 homebrew launcher 起動方法 その3

しばらくするとHomebrew Launcherが起動します。


ニンテンドー3DSサウンドからHomebrew launcherが起動しない場合確認すること


1 ダウンロードしたotherappが誤った物(NEWかOLD 3DSのバージョンの指定間違え。)
2 otherappのリネーム間違えている(拡張子表示を行わないでリネームすると確実に
間違えます。)
3 ハック用のサウンドファイル間違えている(Choose a regionがJPNではない、Choose a versionが
間違っている )。

1、2、3(Choose a version間違っている場合のみ)のいずれかまたは全てに当てはまった場合は
フリーズして強制的にホームメニューに戻され、3でChoose a regionのみ間違えたの場合は
「再生できません」とエラーが発生します。

4 件のコメント:

  1. 最後3dsHBL起動しようとしたら再生で来ませんってなって起動しなかったりエラーできないい

    返信削除
    返信
    1. 日本版3D本体にJPN以外のサウンドファイル(検証にはKOR(ロシア版3DS用)版サウンドファイルを利用)を使用してみた結果同現象が確認できました。
      自分の3DSに合ったもの(日本語版3DSならJPN NEW 3DS系以外ならOLDを押してからダウンロード)をダウンロードし直してみてください。

      削除
  2. この通りにやってもサウンドのところでエラーが起きます

    返信削除
    返信
    1. 確認してみたところ本体バージョンとは違うペイロード(paload)が指定されている、ペイロードのリネームが間違っている(拡張子表示を怠るとブログどおり作業を行うと確実にこのミスを犯します。)、誤ったサウンドファイルを再生するとエラーが発生するようです。

      削除