2016年12月13日火曜日

CM 14.1で発生するZenfone2純正カメラアプリのオート撮影時の不具合を解消する方法

CyanogenMod 14.1(CM 14.1)でZenfone2純正カメラアプリ(ASUS PixelMaster Camera)でオート
撮影すると緑色の画像が生成される不具合やカメラ機能が端末を再起動するまで使用不可になる
不具合が発生します。
ASUS PixelMaster CameraをCyanogenMod 14.1(CM14.1)で利用した際の不具合で生成された全面緑色の画像

今回はこの不具合をサクッと解決する方法を説明していきます。


不具合解消方法

1 ASUS PixelMaster Cameraを起動し左上の歯車アイコンをタップします。

2 最適化をオフにします。

オート撮影時の不具合はこれで解消されます。
しかしこれ以外の機能にも深刻な不具合が発生している機能があります。
深刻な不具合が確認された機能は以下のとおりです。


不具合確認済みの機能

単焦点
カメラアプリが落ちる。

パノラマ
カメラアプリが落ちる。

スローモーション
録画を開始すると勝手にアプリが終了する。

スマートリムーブ
シャッターボタンを押すと自動的に5枚撮影しますがその後の処理が終わらない。

オートスマイル
シャッターボタンを押すと自動的に5枚撮影しますがその後の処理が終わらない。
スマイルは認識可能。

GIFアニメーション
シャッターボタンを押してもシャッター音が鳴るが撮影されない。
アプリ内の操作が一切受け付けなくなるためアプリを再起動する必要あり。

タイムシフト撮影
シャッターボタンを押してもシャッター音が鳴るだけで撮影されない。
アプリ内の操作が一切受け付けなくなるためアプリを再起動する必要あり。

超解像度
緑色の写真が生成される。

これらの機能を使用している方はCM 14.1の導入を控えたほうがいいでしょう。



0 件のコメント:

コメントを投稿