初期型3DSのリチウムイオンバッテリーの外装プラスチックが膨張の影響で割れていた件

何年か前に初期型3DS(2011年3月購入)を譲った人から「青ランプの状態でもすぐ電池切れるから原因を調べてくれないか?」と相談を受けたので原因を調べてみると3DSのバッテリー蓋が不自然に膨らんでいるのを発見しました。
その蓋のネジを外して中を開けてみると…
なんとハマグリ化(異常膨張)した純正バッテリーが!

携帯ゲーム機で蓋を浮かすほどバッテリーが膨張したのは初めて。
6年間未修理/バッテリー交換せずに使っていたのでバッテリーがかなり劣化して膨張したのかな?

別の3DS(2014年購入)から取り出したバッテリーと比較すると明らかに初期型から取り出したバッテリがかなり膨張していることがわかります。

取り出した膨張バッテリーを調べてみるとバッテリーが白く汚れておりバッテリーを保護している黒い外装プラスチックが接続端子付近でヒビが入っていました。

その部分はかなり脆く何度か触ってるうちにプラスチックが取れてしまいました。

その割れた場所からバッテリーの制御基板らしき白いパーツが微妙に欠けているのが見えるのでこのバッテリーは使えませんね。
制御基板が壊れれてしまうと充放電が正常に行われなくなリますからね。

なぜリチウムイオンバッテリーは膨張するのか

3DS使用されているリチウムイオンバッテリは充放電を繰り返すとガスが発生します。
リチウムイオンバッテリーは密閉されているため発生したガスは閉じ込められるのでガス圧が上昇するためバッテリーが膨張します。
ちなみにガスが溜まり続けて一定以上膨張すると圧力で内部素子が破壊され内部短縮(電池内部でのショート)が発生し、火災、破裂、爆発等の事故が発生してしまいます。そのためメーカーはガス圧が一定以上になった場合自動的にガスを抜く仕組み(防爆弁)を必ず搭載しています。

膨張したバッテリーについて任天堂に問い合わせてみた

膨張したバッテリーについて問い合わせフォームから質問してみました。
問い合わせの返答は以下の通り

この度は、ご心配をおかけしております。

リチウムイオン電池の性質上、経年劣化やくり返し充電することで
バッテリーパックがふくらむ場合がございます。

本体で使用しているバッテリーパックはリチウムイオン電池です。
リチウムイオン電池には貴重な資源が含まれています。
不要になったバッテリーパックは、最寄りのリサイクル協力店へお持ちください。

なお、バッテリーパックのプラスチック部分がひび割れている状態の場合、
火災やバッテリーパックの液漏れ、発熱、破裂、感電
故障の原因になる可能性がございますので、
新しいバッテリーパックに交換していただきますようお願い申しあげます。

※下記URLにてPDFファイルでも本体の取扱説明書をご確認いただけます。
https://www.nintendo.co.jp/support/3ds/index.html

バッテリーパックの購入につきましては、 下記URLの任天堂パーツ販売よりお申込みください。
http://onlineshop.nintendo.co.jp/shop/item_list?category_id=279889 

簡単にまとめると「膨張したバッテリーは危険なので新しいバッテリーをパーツ販売で購入して交換してね。古いバッテリーは電気屋さんの回収ボックスで処分できるよ。」ということですね。

とりあえず新しいバッテリーを買うか。ただしPSEマーク(電気製品の安全性を確認(認証)した証)付きの非純正バッテリーだがな!



0 件のコメント :

コメントを投稿